« 戦中戦後を生きた少年の記憶 最終回 | トップページ | 昭和・平成の歴史を勉学して政治の動きを知る大切さ »

2013/01/01

2013年元旦

誕生日が来れば83歳となる。寿命年齢を過ぎた頃から喜怒哀楽が沸いてこなくなった。老人特有のノッペラボーとした精神となり何事にも感受性がなくなる。
内臓の各機能が劣化して連携が取れなくなってくるのだと勝手に解釈している。

大晦日もいつものとおり午後9時に就寝元旦は午前5時30分起床のパターンですごした。日の出は窓から拝んだこれだけは終生続けたいとおもう。013

iPhon5でガラス越しに日の出を撮った。来年は見れないかもしれない。

河北新報の朝刊を開いて見ておどろいた!
福島原発爆発事故直後 アメリカ部隊の核特殊チームが航空機から放射性物質を測定していたと大きく報道されていた。これに対し当時の民主党政権は把握していない!この重大な事実を知ってからも国民には知らせていない

被爆者の病状が出ることが心配である。

自民政権は経済経済とさけびだしている。

私の心は冷え切った。

早く死ぬことが経済経済と叫ぶ政権に寄与すると知った元旦である。

« 戦中戦後を生きた少年の記憶 最終回 | トップページ | 昭和・平成の歴史を勉学して政治の動きを知る大切さ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

日本の経済にはまだ寄与しないで下さい。

改めて、戦時中のことを読みました。学徒動員された個人の記録として、文字・映像・音声・音楽などを駆使して、このようなものを残せるのは稀有なことだろうと考えております。
近年になって、このようなマルチメディアの時代を迎えたからこそ、そして生きておられたからこそ、次の世代に貴重な記録を残すことができたのだろうと思います。
私も終戦の天皇詔勅全文の肉声を聞いたのは初めてのことでした。断片的にしか聞いておりませんでした。全文を聞いて初めて意味のあることだと認識しました。

watari41さんコメントありがとうございました。

生き抜くこと が生まれたものの使命と思っています。
私の記録を深く読んで頂き本当に嬉しかったです。

現代の官僚も政治家も戦争中の日本を知らないのですね。少子高齢化社会社会をのりきるには
経済成長だけではよくなりません。
原発爆発事故はまた発生することは確実 福島原発4号機の使用済み核燃料プールが損壊する対策も
至急行わなければならないのに!


 オリンピックを東京に誘致しようと関係者が盛り上がっているようです。誘致が日本の復興につながるなどと語っている人もいます。冗談じゃない。東日本大震災から復興をまず成し遂げてからにしろよ、福島原発を1日も早く何とかしなければ、と思うのはわたしだけなのでしょうか。

schmidtさん

同感!!!お祭り騒ぎをする人々は東日本大震災・人災原発爆弾爆発を知らない人ばかりです。

福島原発4号機の核燃料プールが非常に問題になっている状況もわかっているのか!と

叫びたくなります。

故郷に戻れないでいる人たちのことを救うことが先決だよ~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/56442157

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年元旦:

« 戦中戦後を生きた少年の記憶 最終回 | トップページ | 昭和・平成の歴史を勉学して政治の動きを知る大切さ »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ