« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/27

当たり前と思い飲んでいる 水 が飲めなくなる日

Gum01_ph01151


森林を歩く 何百年の年輪を刻む大木は,、しめ縄を結び 人は詣でる。検索してみたら次の通りだそうだ 知らないのは私だけだろうが気がついてよかった。

神道(かんながらのみち)は、日本における信仰体系であり、日本固有の、一神教ではない宗教とされている。山や川、滝、高木などの自然や自然現象を畏れ敬い、それらに八百万の神を見いだす故、唯一神を持つ多くの西洋宗教とは異なり、一般的に多神教と呼ばれる。

私は思う 日本の美しい自然を保っている原点はであろう。

毎日生活に当然のごとく蛇口を開ければ清浄な水がでる。この水を水洗便所にも使うことを私は恐怖を覚えるようになってきた。戦後の日本は経済発展々と叫び快適な人間だけの生活環境を追求し、これでもか、もっと、もっと、と飽くなきほど自然を破壊しながら突き進む人間そして原発爆発で核物質が陸海空を汚染してしまった。それでも経済発展と突き進む

自分がとなったと思って考えて、これでいいのだろうかと多くの疑問が出てくる。
そして調べてみた。

経済復興内閣でまた道路や都市にアスファルトで地面が覆い隠されて行く。
雨水は地面にしみ込まなくなり水は怒り洪水となって都市を破壊し人を殺す。

なぜ水にやさしい都市設計をしないのか。政府はコストがかかると言う

自然は怒り竜巻や爆弾豪雪や大洪水を引き起こす。結果、経済は衰退する。

自然と共有する経済発展を図ることだと思う。

蛇口の蛇は川の流れ そう大蛇の水の流れ 蛇口を捻れば川水がでる。源である森を思い浮かべる。

日本の食料自給率は四割を切っている日本!!食料の源は大量の水。だから海外から大量の水を使っていることになる。

”古来から水の豊かな日本は消滅しつつある。放射能に汚れた水となったきている。核エネルギーの制御するのに大量の水を使う。

日本は清浄な水の豊かな国とはいいなくなった。

人間の愚かな行為に水は怒り出している。北極の氷が溶け出し大気流が変わり爆弾豪雪が日本列島に襲いかかってきている。雪解けの季節になれば川が氾濫する。 悪の循環を生み出した人間 日本の四季の移りゆく風景はなくなった。

童謡「四季の雨」の美しい歌もただ思い出の歌となった。悲しい!! 

Photo

Gum01_ph01170

2013/01/25

いいかげん死にたいと思っても

超高齢者は早く死ぬことが経済経済と叫ぶ政府に私は1月1日の記事に書いた

「早く死ぬこと」が安倍政権に寄与することだ」と。

麻生副総理が発言した

「麻生太郎副総理は21日午前の社会保障制度改革国民会議で、高齢者などの終末期医療に関し「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と述べた。

 発言について、麻生氏は午後「公の場で発言したことは適当でない面もあったと考える。当該部分については撤回する」とのコメントを発表。「一般論ではなく、個人的なことを言った。終末医療のあるべき姿について意見したのではない」と記者団に釈明した。

やはり私の記事に間違いはなかった。

もうすぐ2月を迎える。

1月早々に長い期間 闘病していた級友が逝ってしまった。悲しい 生きる者は何時か死ぬ。 名を呼び冥福を祈った。

2013/01/06

個人の意見を発信しよう あきらめないで

コメント表示を消すには。。。。。上記動画のラッパのアイコンの隣の下記画像をクリックPhoto

個人の意見をメデア・企業に反映させようと思う。

超高齢者にも仕事がある日本を良くするための

2013/01/04

昭和・平成の歴史を勉学して政治の動きを知る大切さ

3・11の巨大地震・原発爆発時の全国版新聞情報よりYouTubeの動画から情報を得ていた。私は現在の新聞報道は戦時中の新聞報道と,にかよっていると思った。
戦中戦後の新聞の情報は読者に伝はってこない
一つの例をあげれば戦時中アメリカはB-29爆撃機で原爆模擬爆弾を全国の30都市に49発を投下し練習をしていた。原爆模擬爆弾は4.5トンと巨大である。全国で死者400名負傷者1200名をこす被害が出た。1991年に愛知県の「春日井の戦争を記録する会」がアメリカ軍の文書を調べ、模擬爆弾のくわしい内容がわかるように至った。その爆弾は丸い形状とオレンジ色に着色されていることから「パンプキン爆弾」とよばれていた。{出典;令丈ヒロ子著パンプキン!模擬爆弾の夏 講談社}

2012年たしか11月だったとおもうが河北新報でパンプキン爆弾の記事を読んだ

全国紙の購読を止めた。地方新聞は購読している真実を確かめられるからだ。

幸いインターネットの発達で情報が多く得られまた個人の意見を発信できる世の中になった。
個人々が正確な情報を把握して選挙に反映して行くことが非常に大切であると私はおもった。Senngosi

元外務省・国際情報局長・孫崎享 氏の講演をYouTubeで聞いた。孫崎氏からいくつかの質問が聴講者に出された。その質問に対して私は30点以下であった。新聞情報だけでは100点は絶対に取れない。常に正しい情報を自ら得なければならないと思う。そのためには本だけが真実を語っているように感じた。Amazonに数冊注文した。終戦当時のことをこのブログ心に記事にしたが。敗戦当時の裏側に潜む事柄をいま鬼塚英昭著「日本のいちばん醜い日」184ページおよび元外務省・国際情報局長・孫崎 享著「戦後史の正体」をむさぼり読んでいる。

私も果たすべき役目があったとも思う

仕事始めの4日である。

2013/01/01

2013年元旦

誕生日が来れば83歳となる。寿命年齢を過ぎた頃から喜怒哀楽が沸いてこなくなった。老人特有のノッペラボーとした精神となり何事にも感受性がなくなる。
内臓の各機能が劣化して連携が取れなくなってくるのだと勝手に解釈している。

大晦日もいつものとおり午後9時に就寝元旦は午前5時30分起床のパターンですごした。日の出は窓から拝んだこれだけは終生続けたいとおもう。013

iPhon5でガラス越しに日の出を撮った。来年は見れないかもしれない。

河北新報の朝刊を開いて見ておどろいた!
福島原発爆発事故直後 アメリカ部隊の核特殊チームが航空機から放射性物質を測定していたと大きく報道されていた。これに対し当時の民主党政権は把握していない!この重大な事実を知ってからも国民には知らせていない

被爆者の病状が出ることが心配である。

自民政権は経済経済とさけびだしている。

私の心は冷え切った。

早く死ぬことが経済経済と叫ぶ政権に寄与すると知った元旦である。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ