« 2013年元旦 | トップページ | 個人の意見を発信しよう あきらめないで »

2013/01/04

昭和・平成の歴史を勉学して政治の動きを知る大切さ

3・11の巨大地震・原発爆発時の全国版新聞情報よりYouTubeの動画から情報を得ていた。私は現在の新聞報道は戦時中の新聞報道と,にかよっていると思った。
戦中戦後の新聞の情報は読者に伝はってこない
一つの例をあげれば戦時中アメリカはB-29爆撃機で原爆模擬爆弾を全国の30都市に49発を投下し練習をしていた。原爆模擬爆弾は4.5トンと巨大である。全国で死者400名負傷者1200名をこす被害が出た。1991年に愛知県の「春日井の戦争を記録する会」がアメリカ軍の文書を調べ、模擬爆弾のくわしい内容がわかるように至った。その爆弾は丸い形状とオレンジ色に着色されていることから「パンプキン爆弾」とよばれていた。{出典;令丈ヒロ子著パンプキン!模擬爆弾の夏 講談社}

2012年たしか11月だったとおもうが河北新報でパンプキン爆弾の記事を読んだ

全国紙の購読を止めた。地方新聞は購読している真実を確かめられるからだ。

幸いインターネットの発達で情報が多く得られまた個人の意見を発信できる世の中になった。
個人々が正確な情報を把握して選挙に反映して行くことが非常に大切であると私はおもった。Senngosi

元外務省・国際情報局長・孫崎享 氏の講演をYouTubeで聞いた。孫崎氏からいくつかの質問が聴講者に出された。その質問に対して私は30点以下であった。新聞情報だけでは100点は絶対に取れない。常に正しい情報を自ら得なければならないと思う。そのためには本だけが真実を語っているように感じた。Amazonに数冊注文した。終戦当時のことをこのブログ心に記事にしたが。敗戦当時の裏側に潜む事柄をいま鬼塚英昭著「日本のいちばん醜い日」184ページおよび元外務省・国際情報局長・孫崎 享著「戦後史の正体」をむさぼり読んでいる。

私も果たすべき役目があったとも思う

仕事始めの4日である。

« 2013年元旦 | トップページ | 個人の意見を発信しよう あきらめないで »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

私も同様に30点です。
基本的なことというか、原点をよくしらないんですね。
政府が隠していると勘違いしてますが、報道によるところも大ですね。
我々の感情に報道がおもねているところもありはしないかと思ってます。
本はずっと後になってから、冷静に書かれているということもありますね。
孫崎さんの長時間の講演をきかせていただきありがとうございます。
アメリカがソ連に関東軍の攻撃を頼んだのですか。
シベリア抑留など、スターリンに好き勝手されてもなんにも言えなかったの
ですね。勉強になりました。

watari41さんコメントありがとうございます。

日本政府の記者会見は政府が指名した新聞だけが取材を許可される。全くおかしいと思います。
原発爆発時 放射性物資が放出されたにもかかわらず官房長官の「大丈夫 大丈夫」
のそのままの報道ばかりでした。現実は大変なことになっていました。5年後あたりからから症状が被爆者に現れるでしょう。 大本営発表を思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/56465963

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和・平成の歴史を勉学して政治の動きを知る大切さ:

« 2013年元旦 | トップページ | 個人の意見を発信しよう あきらめないで »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ