« 3・11から2年 生態系を破壊する放射能 を危惧す | トップページ | 後始末ができない原発 »

2013/04/11

私たち人類の本当の幸福とは

ナチス・ドイツの侵攻によって、恐怖と混乱に揺れるウクライナを舞台にしたドラマ。バイオリンとピアノの才能に恵まれたユダヤ人の少年少女らが、それを頼りに強制収容所送りを逃れようとするさまが描かれる。

時の流れは留まることはなく、容赦なく早く一定の速度ですぎて。第二次世界戦争の悲惨を経験した人はいま七十八歳以上を生きている人たちであろう。

いまの社会を牽引してる人たちは戦争を知らない。人類は悲惨な闘争を繰りしていることを歴史が証明している。原因は領地・エネルギー・経済・宗教 など様々

アメリカは原子爆弾の開発に成功して遂に広島・長崎に投下してしまった。そこには創造した紙に画いた地獄絵ではない現実の地獄絵が画かれた。現実に起きた断末魔の苦しみ・私はただ祈るしかなった。

神の領域である核に手を染めてしまった人類は核戦争により人類破滅の危機に対面することになってしまった。

「オリバー・ストーンが語るもう一つのアメリカ史」1巻 早川書房刊を読んだ。Photo


NHKーBSでは視聴率の高い時間帯での放送ではなく深夜時間帯である。なにか「匂いがする」!

命をつなぐヴィオリンを観賞して私は十五歳で学徒動員で特殊潜航艇の魚雷発射管の作成をさせられていた。海軍工廠で”第二次世界戦争の悲惨”が心の奥底がらねっとりと沸き上がる。つらいそして悪い思いでが脳を傷つけているのである。死ぬまで・・・・

第二次世界大戦とは YAhoo HP 引用

世界大恐慌で植民地を持っている国はブロック政策で自国産業を保護しましたが、
持たざる国であった日独伊は苦しくなり、植民地を持つ国々と戦争をおこします。
この主要国同士の争いを第二次世界大戦といいます。

第2次世界大戦も一般的な開始は1939年の9月1日にドイツがポーランドに侵攻したことです。
この9月1日が開戦日ですが、英仏の立場からすれば宣戦布告した9月3日ということになります。

太平洋戦争は主要国アメリカと日本が戦った期間をいいます。
日本は12月8日に真珠湾攻撃を仕掛け、この日が開戦日になっています。
同日には英国領マレー半島を急襲しており、こちらはあまり知られていません。
日本の功績はどちらかというと英・蘭を駆逐したこと方が大きいので、
真珠湾よりマレー半島上陸作戦の方が価値が高いといえます。

日本だと主に真珠湾攻撃~終戦記念日の8月15日までを第2次世界大戦として扱い、
この期間はアメリカとの戦いでもありますので併せて太平洋戦争といいます。
ですが、実際には8月15日以降もソ連参戦など戦いは続いています。

このように国によってスタンスが異なりますが、世界史というグローバルでみるなら、
1939年9月1日~日本が降伏に調印した1945年9月2日をもって第2次世界大戦の期間、
1945年12月8日~1945年8月15日をもって太平洋戦争といえるでしょう

« 3・11から2年 生態系を破壊する放射能 を危惧す | トップページ | 後始末ができない原発 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

映画「命をつなぐバイオリン」の紹介ありがとうございます。
いい映画は、本当にいいですね。
楽しみ。

ようこさん コメントありがとうございました。

心に響く映画は心を洗ってくれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/57107759

この記事へのトラックバック一覧です: 私たち人類の本当の幸福とは:

« 3・11から2年 生態系を破壊する放射能 を危惧す | トップページ | 後始末ができない原発 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ