« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013/07/14

受賞作品本を読んで

芥川賞受賞作 絲山秋子作「沖で待つ」を読んだ。HDDの中に記憶媒体を機械的に破壊する内容が中心のようだけど?80歳を越えた年代の人はI Tなどないときに過ごし自然とのサイクルの中で生活してきた私は題名の「沖で待つ」と物語の内容とマッチしないように思えた。なにか話題性は何かがわからなかった。

夏;一日中浜辺で遊ぶ 茱萸藪でかくれんぼ 海水浴 
家は窓開放し蚊帳の中で兄弟と雑魚寝 自然の夜風が心地よし 

冬;私の10代のころ 冬;暖房→炭火 木綿の足袋 学校;素足 
教室の暖房石炭ストーブ
雪が積もれば友達とスキー(竹を半割にしたスキー?)で日中遊ぶ
 

春秋;チャンバラゴッコ 鬼ごっこ  

トイレ(便所)糞桶にする。満杯になるころ汲み取り屋がきて畑の肥料となる人ー畑ー食事ー排便ー畑ー人の自然循環

現代は清浄水を水洗に使う 畑とは縁が切れた。あくまで生活環境の高度化を阿修羅のごとく欲望し住宅産業は生活環境の高度化製品を開発し自然とのサイクルを裁ち切った。

当然エネルギーを大量に消費することになり政府・電力は神の領域である核に手を染めた。廃炉の技術もないままに!鉄とコンクリートのビル・超高層マンションが飛ぶように売れるのを、

私はとてつもない不安を感じる。何時死亡しても可笑しくない年齢になったので

これから先数十年を生きる人達のことを思うと大変な苦痛が襲ってくる。

獲物を狙う蛇のように静かに音も立てず不気味に忍び襲ってくるように思うのである。
温暖化防止だとの叫ぶ声はむなしい。
現実に四季がはっきりしない気候になった。人間の欲望は天井知らず
 。

北極の氷は急速に溶けて気流が変わったと判ってるけど止められない人間の欲望。
そのつけは子供・孫・子孫が背負うことになるのだ。

多くの橋脚・トンネル・都会のビル・マンション・すでに劣化が始まっておりトンネルも鉄筋劣化で崩壊し天上板落下という大事故となって。都市の崩壊もまた同じ。

 

古来日本の木造建築は紙と木の構造物であり美しい田園風景を作り上げてきた。自然の四季に溶け込んでいるかのように。
火災・台風には非常に弱いがすぐに建て替えることが出来る短期間に。

コンーリートと鉄の構造物はどうだろう。四季の風景とは異質の建築美かもしれない。
3・11大震災での鉄とコンクリートの構造物は撤去に多大の費用を喰う。

アインシュタインのE=cm2の公式を人類のため使っていRimg0002るのだろうか

今朝 我が家の小さな庭に露草が開いた。なにかホットした。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ