« 震災三年後の南三陸町を訪ねて | トップページ | あの日の悲しみを語り継ぐために・・・ 東北の地に新たな祈りの道を創る »

2014/06/26

20年以上の前の話

私の現役のころの職場の経理業務の機械化はコンピュータメーカが独占する。所謂

オフイスコンピュータが支配していた。社長はバランスシートを見るときには経理担当からオフィスコンピュータを操作してもらってデータを出すしかなった。

会長から私に命が下った。会長・社長はもちろんのこと社員すべてがパソコンネットワークでパソコン使えるよう設備しろ!米国では当たり前だ。就いてこれない者は辞めて戴く。

人事権を私は与えられた。責任はすべて会長が持つ。やれ!!!また ソフトは市販品・

とすること、ネットワークの下請け会社は大手は使うな!厳しい指示だ!

ソフトは市販品を3ヶ月にわたって東京八重洲ブックセンターに通った。そこであきらめかけた時、神からの言葉を聞いた・・私は経理本の棚の前の立っていた。私は【図でみるバランスシート】加藤邦宏著 夕方を過ぎていたがそこから電話でアポイントを秘書に取ったが急な話はお断りと言われたが「一言伝えてくれたのむ」しばらくして秘書からお会すると!私は飛び上がったそして日頃から準備していた九州の大根料理店の女将に急を依頼した。

いよいよですね!と女将は快諾してくれた。加藤邦宏先生は経学営学・アランの研究者・作曲家・多才にかけている 日本の偉人で検索すればでてくる有名人だった。

私は一方ネット構築の協力会社を探した。慶応経済学部卒業した若き経営者と会えた

私は会社を辞めて20年後さる6月21日」Facebookで数日前出会えた。彼の記事を読んだ。

'92年秋、私は赤坂のとある有名な料亭に招かれ、ふぐ懐石の御相伴に預かっていました。ご招待下さったのは、東北の大手企業の常務。
実は、この会社の新しいネットワークシステムの構築を、常務が役員会の反対を押し切り、社員数が10名にも満たない産まれたての私の会社にご依頼いただいた瞬間でした。
その時の彼の言葉は、その後の私の経営者&営業としての生き方を変えて下さいました。


「自分は、金を出して業者にやらせるのだから、接待されて当たり前とは決して思わない。むしろ、仲間として、全力で業務を遂行してもらいたいから、お客様以上に業者の方を接待し、本当の味方になってもらうことこそ重要だと考えている。」
以来、こちらの会社様とは、私が引退した後も、未だに懇意にさせていただいているようです。
そして、今日、その大変お世話になった元常務と、当時直接ご担当いただいた皆様が久しぶりに仙台で飲まれているとのことで、わざわざ私にお電話下さいました。
感激ひとしおです。
お陰様で、今宵のお酒がとても美味しいです。(^-^)

次回につづく

« 震災三年後の南三陸町を訪ねて | トップページ | あの日の悲しみを語り継ぐために・・・ 東北の地に新たな祈りの道を創る »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 ブログが始まった頃に、加藤さんを巡るすばらしいお話を何度か読ませていただきました。
 今回はその20年後のネットワークを巡る何とも貴重な出会いですね。
 長生きしていてよかったと思えることです。
 その慶応の方も、感激ひとしおのことが文字を通じて伝わってきます。
 次回を楽しみにしております。

watari41さん
コメントありがとうございました。

コメント戴くと勇気が出ます。
和文さんにこのブログ勧められて公開して幸せでした。ブログ輪の会も自然消滅ですが忘れ
らレません。watari41さんのブログもアクセス数10万超えたでしょう。わたしは生きてるうちに10万になるかキワドイトコロデスネ。つづき書きますね よろしくおねがいいたします。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/59878931

この記事へのトラックバック一覧です: 20年以上の前の話:

« 震災三年後の南三陸町を訪ねて | トップページ | あの日の悲しみを語り継ぐために・・・ 東北の地に新たな祈りの道を創る »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ