2011/06/29

老いを楽しむ

中野東善著[良寛]日本人の心の言葉(創元社刊)に老いを楽しむの言葉がありました。現代語訳を読んで考え込んでしまった。
それは昔、東隣に住んでいた娘です。村はずれの丘で、腕輪と耳飾りをしていて、美しい白い手で桑の葉をつんでいました。その歌声は哀しく、顔は美しく輝いていました。
野良の人は耕すてを休め、一休みした人は帰えるのを忘れるほどでした。ところが今は白髪の婆となって、冷めて居ても寝ていても愚痴ばかりです。

良寛さんはこの娘さんに関心があったのだとわたくは思いました。

わたくしの幼少の頃の近所にいた美しい姿の少女を思い浮かべました。今は年を重ね80歳になっておるでしょう。わたくしの妻も私と3歳したですから78歳になりました。
老化現象は若木が老化して枯れて朽ち果ててゆくさまと同じなのですね。
人間はそこに哀愁を読む詞ができ画ができるのですね。
体調不良はおきて当り前なんです。でも医者にいって対症療法の薬を処方されて飲むが副作用でまた不調が重なる。枯れ木はただ一人自然に任せて生きてそして倒れる。時間は容赦なく流れる。
詩人の立原道造さんは美しい詞をたくさん作詞して若くしてこの世を去ってしまいましたが今でもこの

詞に共感して読んでる方が絶えません。またこの詩を研究されています

YouTubからしんみりと聴いてみました。
立原道造さんの朗読のほかの詩人の詩も朗読されています。


幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ