2015/01/25

青年からの要望・85歳の私に!・戦争体験者の最後の年代

私に29歳の青年から戦争を語っていただきたいと要請があった。私は受諾した。

 以下その青年の 記事を転載 

戦争について話をしようと思う 】 

54歳、年が離れている僕の友人。 

御年85歳の大平さんという方。 

第二次世界大戦を経験されている数少ない方。 

戦中にしていた仕事は、特攻のために使われる特殊潜航艇と人間魚雷の組み立て。 

当時は若干14歳です。 

戦後は東北電力に勤められ、水力と火力の発電所にて運転・保守・建設の業務をされておりました。 

大平さんとの出逢いはWWF(国連環境基金)を通じて。 

素晴らしい魅力が沢山あり、いつも様々なことを学ばせて頂いております。 

いつも素敵な笑顔の大平さん、少し辛そうな顔でこんなことをおっしゃいました。 

「戦争について話さなきゃいけないと思う」 

友達が次々と戦死していくこと、 

友達が特攻で死ぬための特殊潜航艇を作ったこと、 

大本営が作り出す当時の異常な情報統制などなど。 

話すのも思い出すのも辛いそうです。 

でも、戦争を知らない世代に伝えなきゃ行けない事がある。 

今年の桜が散る頃。4月下旬か5月上旬にイベントをすることになりました。 

主催:冨永健太 

語り部:大平達郎 

ファシリテーター:東梅祐也 

教科書でも映画でもなく、フィクションじゃない、生きてきた経験から語られる戦争について。 

「事故が起きてから原発って危ないって知りました。 

だって安全だってみんな言ってたもん!」 

若い人は戦争を知らない。
でも、繰り返しちゃいけない間違いもある。
 

次の社会を作る世代へ、語るのも辛いが、伝えなきゃいけないことがある。 

大切な友人の熱い気持ちを無下になんてできるもんですか。 

いいイベントを作りましょう! 

詳細が決まったらアップしますので、どうぞよろしく御願いします^^

 

【 戦争について話をしようと思う 】

54歳、年が離れている僕の友人。

御年85歳の大平さんという方。

第二次世界大戦を経験されている数少ない方。

戦中にしていた仕事は、特攻のために使われる特殊潜航艇と人間魚雷の組み立て。

当時は若干14歳です。

戦後は東北電力に勤められ、水力と火力の発電所にて運転・保守・建設の業務をされておりました。

大平さんとの出逢いはWWF(国連環境基金)を通じて。

素晴らしい魅力が沢山あり、いつも様々なことを学ばせて頂いております。

いつも素敵な笑顔の大平さん、少し辛そうな顔でこんなことをおっしゃいました。

「戦争について話さなきゃいけないと思う」

友達が次々と戦死していくこと、

友達が特攻で死ぬための特殊潜航艇を作ったこと、

大本営が作り出す当時の異常な情報統制などなど。

話すのも思い出すのも辛いそうです。

でも、戦争を知らない世代に伝えなきゃ行けない事がある。

今年の桜が散る頃。4月下旬か5月上旬にイベントをすることになりました。

主催:冨永健太

語り部:大平達郎

ファシリテーター:東梅祐也

教科書でも映画でもなく、フィクションじゃない、生きてきた経験から語られる戦争について。

「事故が起きてから原発って危ないって知りました。

だって安全だってみんな言ってたもん!」

若い人は戦争を知らない。
でも、繰り返しちゃいけない間違いもある。

次の社会を作る世代へ、語るのも辛いが、伝えなきゃいけないことがある。

大切な友人の熱い気持ちを無下になんてできるもんですか。

いいイベントを作りましょう!

詳細が決まったらアップしますので、どうぞよろしく御願いします^^

2014/05/18

私のお父さん

「私のお父さん」は好きな歌・・・・・・・今日も半日過ぎた  ああ・・・

2013/11/13

83歳になった我 日本を憂う

与党は世界に汚染水は制御されていると公言した。東京オリンピックところではない気がしてならない。

83歳の同級会があった。クラスの友は多く逝ってしまって7名のクラス会となった。

日本の現状を嘆くばかり、何も貢献できぬ年寄り7名は沈黙 若人の将来はどうなるのだろうと心配ばかり、汚染水の処理技術はなし、作業員は被爆して現場を去り ロボットも開発されていない日本、海洋に放出することは許されない。

世界の人達の海洋であることを忘れている与党 原発は大気汚染が無いと豪語してきた。

広島原爆が福島にも投下された以上だ。3.11は「現代文明の大転換」を突きつけた。

大気は狂い竜巻・津波なみの高波が襲っている。人間は破滅するのを待つている現状が怖い。

また来年、集まろうよ、とかすれ声で言い合った。心の底は「早く死ね」との声でもあるように私には思えた。

youtube から埋め込みさせていただいた。

2013/06/16

父の日

今日6月15日は父の日である。今年も51歳になった息子からブルーベリーの鉢植え花が贈られきた。ブルーベリーは眼を元気にするというから__


花が咲き実になるのが楽しみである。

82歳と6ヶ月190日になった私は戦中戦後の時代には日本にはこの習しはなかったので意味は何なのかを調べた。

日本文化イロハ辞典

によればアメリカで発祥し日本には、1955年頃に導入され全国に広がったと記されていた。

さて日本は激動の時代には入った。すべての面で厳しいものとなるだろうと私は断言せざるをえない状況である。

作者 高村 薫 氏の日本の見方に私も同期している。

息子がこの激動の時期を乗り切ることを信じてやまない。

ブルーべりー ありがとう。   {2013年6月15日AM4時48分}

2012/11/07

59回目の結婚記念日

文化の日;11月3日は何故か毎年晴れるのでうれしい。

59年前の文化の日に人力車に乗って私のところへお嫁に来た。波瀾万丈の時を共に生きて59回結婚記念日を祝した。

常禅寺通り東京エレクトロンホール宮城の向いにある

ビオ・レストランクレールで祝杯をあげた。

お互い歳を重ねたので食事はカロリーの少ない野菜類が多くなった。クレールで前菜に見事色彩を放つ無農薬野菜を添えていただいた。Photo

毎年祝杯をあげるごとに別れの日が近くなり、死を迎えるのも近くなってくるのである。

ブッタの「心理のことば」で曰く

自分の救済者は自分自身である。他の誰がすくってくれようか。自分を正しく制御してはじめて、人は得難い救済者をてにいれるのだ。

歳を重ねるごとに自己制御を高めていかねばならないと思う
別れの苦悩を超えるのは自分の心の制御しかない。救いを求めるところは自分自身の心なのだ。

と言って祝杯をあげた。 そして紺碧の空(くう)を仰ぎ見た。

「59回目の結婚誕生日 ブログ記事」

2012/07/12

私の睡眠記録に思う

iPhonのアプリの「Sleep Cycle」の睡眠状況を記す。

私は夜間に下半身が熱感に悩まされ睡眠障害がでていた。
NHKの「ためしてがってん」で「むずむず足症候群」を視聴した。同じ症状である。。早速「神経内科クリニック」で診断してもらった。各種検査の結果は。「むずむず足症候群」であった。

”ためしてがってん”を視聴してよかった。

夜間よく眠れますかと診察時には医者から良く聞かれるので私はいつも
「Sleep Cycle」の結果を見せる。口で説明するより確実だからである。

昨日の「Sleep Cycle」は下図のとおりである。

Sleep_cycle

20時30分就寝後35分経過でDeepAsleepに入り22時40分ころAsleepとなり夢を見ている時だ。3時にオシッコしたのでAwakeとなり、またDeepAsleepに入る。

5時前に優しい♪メロデイが流れるように設定してある。そして目覚め新聞を取りに行く。今日も朝が来た。生きていたよ(#^.^#)

81歳7ヶ月の老体の「Sleep Cycle」である。何時かは永久のDeepAsleepに入ると思うとまた楽しgawk・・・・・・・・

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ